不動産投資とは?基本と注意点について

不動産投資は資産運用の1つです。資産運用というと、「こわい」「ギャンブルみたいなもの」とマイナスのイメージを持つ人もまだまだ多いです。しかし、注意点を知っておき、メリットやデメリット、リスクについてしっかりと知っておけば、資産形成の大きな手段にもなります。不動産投資に興味をお持ちの方も、どういったことか知りたいという人も是非参考にご覧ください。

不動産投資とは?

不動産投資はどういったものを指すのでしょうか。その定義は、利益を得る目的でマンションやアパートを購入すること、投資をすることです。メリットとしては、毎月安定した収入が見込めること、不動産の管理は管理会社に委託することもできるので副業でもできること、相続税の対策になること、そして団体信用保険を活用することで生命保険の代わりになることです。

逆にデメリットは、初期投資に多額の資金が必要になること、リターン以外に維持費やランニングコストがかかること、老朽化により資産価値が下がりやすいことがあります。初期投資の額に関しては多額の資金が必要になりますが、年齢や職業、貯金額によっては銀行からの融資も受けられますので、必ずしも手元にまとまったお金がないとできない、というわけではありません。

不動産投資と他の金融商品との違い

不動産投資で利益を得る方法としては、購入した不動産を人に貸すことで得られる家賃収入がが挙げられます。また、購入した時よりも価値が上がれば、その時に売りに出すことで、売買の差額が利益となります。マンションやアパートの1棟ごと投資をする人もいれば、数室だけオーナーになる人もいます。

不動産投資には他に、駐車場や戸建てなどがあります。リターンやリスクは対象となる不動産によって変わりますので、始める際は注意が必要です。では他の金融商品と比べるとどうなのでしょうか。

まず株式投資ですが、株式投資は企業が発行する株を購入し、その売買の差額で利益を得ます。不動産と比べ、少額から始められ、価格の流動性もあるので、売買のスパンが短くすることも可能です。

他には投資信託もあります。これは運用会社が顧客から資金を集め、株式や株式に投資します。商品によって投資するものは変わりますが、リスクは株式投資よりも小さいところがメリットですが、リターンもそれに伴い小さくなりやすいです。

不動産投資を始める際の注意点

最後に注意点やリスクをご紹介します。注意点としては、まず、営業員に惑わされないことです。不動産投資となると不動産業者とのやりとりは必須ですが、中には高い物件ばかり勧めてきたり、リスクの説明をせず契約を迫ってきたりする人もいます。信用できる営業員をみつけるようにしましょう。借入金、借金の額にも注意が必要です。

銀行からの融資を受けることが必要な場面もありますが、返せる見通しをしっかりと立てて、無理な借金はしないようにしましょう。リスクにはどんなものがあるのでしょうか。考えられるものとして、災害リスク、空室リスク、金利変動リスク、流動性リスクがあります。

金利変動リスクは無理な借金をしないようにし、固定金利を選択することで回避しやすいです。その他のリスクは、不動産選びをしっかりとすることで回避できる項目でもあります。

まとめ

不動産投資は初期投資に資金は必要ですが、毎月安定したリターンが見込め、管理もすべて自身でしなくてもいいので副業としてもやりやすい投資です。始めるにあたっては注意点やリスクを知っておくことが必要です。他の資産運用との違いを知り、自身に合った資産運用方法を見つけましょう。

この記事をシェアする