デザイナーズ賃貸物件の選び方と注意点

個性的だ、おしゃれだと一目惚れして選んだ新居のはずが、実際に住んでみるといろいろ問題が出てくることもよくあることです。しかし、デザイナーズ賃貸物件の全てに問題があるわけでなく、ほとんどの場合はおしゃれと機能性を兼ね備えています。しかし残念ながら、中にはデザインに凝るあまり住みやすさをないがしろにしている物件があるのも事実です。では、どのような物件を選べばいいのでしょうか。ここでは失敗しない選び方について考えてみました。

デザイナーズ物件とは

そもそもデザイナーズ賃貸物件とはどんな物件なのかというと、マンション全体または部屋の設計をデザイナーが手掛けているものを指します。さまざまなコンセプトをもとに間取りや内装が個性的になっている物件で、おしゃれや流行に敏感な人が住んでいる、というのが一般的なイメージではないでしょうか。

実はデザイナーズと呼ばれる物件には、法的な定義がありません。物件を紹介する不動産屋がデザイナーズと言えばそうなるのです。また、デザイナーズ賃貸物件と呼ばれる物件も実は様々です。外観から明らかに普通の物件とは違うものや、外観は普通のマンションながら間取りや内装が個性的なものなど、多くの種類の物件があります。

最近では少子化に伴う人口の減少で新築でも空き室が目立つ賃貸物件がありますが、デザイナーズ賃貸物件は人気なため、その対策にも有効なのです。

デザイナーズ賃貸物件の選び方

デザイナーズ物件の選び方とは、どのようなものなのでしょうか。中には普通に賃貸物件を探していたが気に入った物件がたまたまデザイナーズ賃貸物件だったという人もいるでしょう。

しかし、ほとんどの人は最初から意識して探していると思われます。そういった人が優先するのは、やはり個性やデザインなどではないでしょうか。思いっきり広いリビングや高い天井などもそうですし、中にはガラス張りの浴室など普通の賃貸物件ではまずない間取りがあります。

内装も、よく使われる白やベージュ系の壁紙ではなく赤や黒などビビッドな色合いの壁紙や、コンクリートの打ちっぱなしの壁などもあります。ナチュラル系やビビッド系、和風モダンなど様々な系統の物件がありますから、まず自分がどのようなタイプの部屋を希望するのかをしっかり決めておかなければならないでしょう。

デザイナーズ賃貸物件の注意点

デザイナーズ賃貸物件を借りるには以下の点に注意をしなければなりません。デザイナーズ賃貸物件の多くは、デザインに多くの費用をかけているために、同地域の同じ間取りの物件に比べて家賃が割高になっているものが多いです。

また、デザイン重視なので時には住みにくくなっている物件もあります。通りに面した壁がガラス張りだったりすると、道を行き交う人の視線が気になりますし、ガラス張りの浴室は一人だといいのですが、友人が泊まりに来た時など、風呂に入るのをためらってしまうという話も聞きます。

広いリビングや高い天井は開放感がありとても気持ちいいのですが、どうしても冷暖房費が割高になるというデメリットもあります。特殊な間取りや内装のためにそれまで使っていた家具が部屋に合わなかったり置けなかったりする場合もあります。

まとめ

誰もが憧れる他の人と違う自分だけの部屋…。そんな希望を叶えてくれるのがデザイナーズ賃貸物件です。最近はタイプもコンセプトも様々な物件が数多くあり、さらに自分の理想どおりの部屋を探すことが可能なのです。

その反面、生活する上での不便が生じる可能性があることも否めません。もしデザイナーズ賃貸物件への入居を希望するのであれば、そのメリット、デメリットをしっかりと理解をして、住み始めた後に後悔しないようにすることが大切なのです。

この記事をシェアする