浜松で賃貸向け不動産屋を選ぶときの注意点

浜松への引っ越しを検討されている方、何となく不動産屋に足を運ぶ前に、不動産屋の選び方についてしっかりと知っておきましょう。不動産屋選びは、よりよいお部屋探しのために大切な第一歩です。不動産屋はどれも同じだと思っていませんか?

実は、不動産屋は大きく分けると二つの種類があります。それぞれどんな違いがあるのでしょうか。どちらのほうがいいのでしょうか。これを知っておけば、素敵な賃貸物件が見つけられるはずです。

不動産屋には管理業者と仲介業者がある

不動産屋と一括りに言っていますが、仕事の内容から管理業者と仲介業者に分けられます。浜松でお部屋探しをする場合は、この点も理解しておくといいでしょう。

まず、管理業者とは、建物や部屋の管理や維持について、大家さんに委託をされている業者のことです。直接大家さんとのつながりがあるため、家賃や条件などの交渉がしやすいのがメリットです。次に、仲介業者です。これは、大家さんや管理業者とお客さんとの間に立って、賃貸物件を紹介する役割をする業者です。さまざまな多くの管理業者の物件情報を保有しています。

この仲介業者は、仲介手数料をもらって経営しています。この管理業者と仲介業者の両方の仕事を一手に担っている会社もあります。

仲介手数料が安かった不動産屋はお得?

仲介業者が間に入って、大家さんや管理業者が保有している賃貸物件を紹介してもらう場合はもちろん仲介手数料がかかります。しかし、管理業者から賃貸物件を借りる場合にも仲介手数料はかかります。

不動産屋を全く通さずに直接大家さんから借りる場合にだけ仲介手数料がかかりません。また、礼金については、仲介業者の場合は家賃の2カ月分、管理業者の場合は1カ月分というのが相場です。そうなると、一番安く済むのが直接大家さんに借りる、次が管理業者に借りるということになります。

しかし、仲介業者を通さないことでデメリットもあります。契約時、更新時、何かトラブルがあった場合などに直接交渉をしなければならないということです。

どっちから借りたらよい?

とにかく安さを求めるのであれば、管理業者から借りるのがいいです。しかし、契約交渉における利便性、トラブルがあったときの対処などの安心を求めるのであれば仲介業者がいいでしょう。では、どちらのほうがいいのでしょうか。

一番いいのは、管理業者と仲介業者を兼ね備えた不動産屋です。なぜなら、管理業者はより多くの物件を保有していて、自分にぴったりのお部屋を探すことができるからです。普通の仲介業者には紹介していなくて、管理業者だけが保有している物件情報というものもあります。

したがって、掘り出し物が見つかる可能性があります。そして、仲介業者の役割も持っているため、契約更新時やトラブルがあった場合の対処なども安心してお願いすることができます。

まとめ

不動産屋は大きく分けると、管理業者と仲介業者があります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、一番のオススメは管理業者と仲介業者の両方を兼ね備えた不動産屋です。世間に出回らないような魅力的な物件情報を保有しているのが管理会社です。借りる人の契約などの交渉、トラブル時の対処などをしてくれるのが仲介業者です。この二つのメリットを併せ持っている不動産屋にお願いすれば、浜松でいいお部屋探しができるでしょう。

この記事をシェアする