浜松でタワーマンションができる?

中区、南区、西区、浜北区などを中心に、デザイナーズマンションや高級マンションなどが増えており、あらゆる世代が住みやすく、安全な住宅地としても人気を呼んでいます。少し前までは、首都圏における印象が強かったタワーマンションですが、最近では、静岡市や浜松市などの郊外の都市部でも見かけることが多くなってきました。わたしたち現代人にとって、新しい住まいの価値を提供してくれるタワーマンション。その実際の住み心地や、考えられるメリット・デメリットについて、見てみましょう。

タワーマンションのメリット

浜松に限らず、郊外の都市部にもだんだんと増えてきたタワーマンションですが、やはり、一番先に目につくのは、その高級感のあふれる外装やこだわりを持ってデザインされたマンションとしての美しさではないでしょうか。

最新のマンションが持つ魅力はそれだけにおさまらず、たくさんの魅力とメリットにあふれています。例えば、技術の進歩などにもより、より一層セキュリティ面が大切になってきた現代では、安全面を考慮したシステムを持つ住まいであることも重要ですよね。最新のマンションでは、住人の手間がかからないようにとハンズフリーやキーレスで開けられることのできるエントランスドアや、カメラやモニターなどのIoT設備を取り入れたセキュリティシステムなど、最新の技術を駆使したあらゆる機能が採用されており、わたしたちの生活をより安全で快適なものにしてくれます。

また、プライバシーを考慮した建物の構造、断熱性や気密性を考えた壁材、その耐震性の高さなど、細やかな部分まで計算の上、設計・施行がされているため、従来のマンションのはるか上を行く性能を揃えている点もメリットにあげられます。

そのほか、お子様からお年寄りまでが暮らしやすいバリアフリーが標準化されていたり、空気の循環や寒気に重点を置いたシステムが採用されていたり、電気やガスをエコに使うことができる低エネルギー住宅としての機能を備えていたりと、時代に沿ったさまざまな利点があげられます。

開放感を感じることのできるゆとりのある間取りや、水まわりの最新設備、隅々まで工夫された収納システムなど、あらゆる視点から総面積を無駄なく生かした仕様が伺えるのも、こういったマンションならではと言えますよね。

タワーマンションのデメリット

では、タワーマンションのデメリットについては、どうでしょうか?同じマンション内でも、低層階と高層階では、それぞれデメリットとなることにも多少の違いが生まれるのが特徴ですが、いずれの場合にも共通をしているのが、管理費や修繕積立金など、マンションの維持費に関するものではないでしょうか。高級マンションには、エレベーターなどの設備、エントランスやパーティルームなどの共有スペースといった設備などがあることも多く、こういった設備を維持していくために、10年、20年と経過するにつれ、維持費が高くなっていくこともあるようです。

そのほか、高層階がある建物ならではの、細々としたデメリットもいくつかあげられます。毎日の生活に関わってくるようなこととしては、次のようなものがあげられます。洗濯物がベランダに干せないことで、バスルーム内などを利用した室内干しや衣類乾燥機を使って乾かすのがメインになってしまうこと。安全面を配慮してのルールですが、人によってはストレスにもなりかねません。

また、時間帯によっては移動の手段でもあるエレベーターが混雑してしまうこと。エレベーターに関しては、ゴミをエレベーター内に持ち込み捨てに行かなければならないといった点もあります。さらに、宅配物や新聞などの受け取り方。タワーマンションの場合は、時間と手間が余計にかかってしまったりといった問題点もあるようです。

はじめて高層マンションに住むことになる方はいろいろな面で戸惑うこともあるかと思いますが、一度慣れてしまえば問題にならないような点ばかりですので、あらかじめデメリットについてきちんと理解しておくのも大切かもしれません。

浜松のどこにタワーマンションができるのか?

静岡県くらいの規模のエリアの場合は、一戸建て指向にはまだまだ根強い人気がありますが、ライフスタイルや家族のスタイルが多様化してきた現代では、一戸建てに住むメリットも以前ほどなくなってました。その分、機能や設備の充実や老後の暮らしなどを視野に入れた住まいを考えた場合は、マンションに住むメリットも一層大きくなってきています。

新しいマンションができるとのうわさを耳にしたことのある方もいらっしゃると思いますが、浜松市のどこにタワーマンションができる予定なのでしょうか?市内で、いわゆる高級マンションが増えてきているのは、中区、南区、西区などの人気のエリアです。中でも、浜松駅周辺では、コンパクトマンションをキーワードにしたハイランクマンションの建設もすすんでいますし、今後も新しいマンションの建設計画が立てられているエリアでもあります。

駅がすぐという立地の良さもありますし、手頃な価格帯、バラエティ豊富な間取りということからも、人気が殺到するであろうことがうかがえます。一度は空洞化がすすんでしまった浜松駅周辺ですが、再開発としても注目されているエリアとなってきています。近所に程よく公園や緑地なども点在していますし、毎日の生活に必要な環境がすでに揃っているのもうれしいですよね。

通勤・通学に便利な立地にあるので、子育て世代はもちろん、徒歩で何かと用事を済ませることができるので、少し先の将来を見越しての購入を考えている方にもぴったりのオプションなのではないでしょうか。

まとめ

少しずつ増えてきた浜松市内の高級マンションですが、タワーマンションを含め、魅力的な物件が多く存在します。どんなかたちの住まいにも多少のデメリットはあるものですが、やはり、広範囲でメリットが多くあげられるタワーマンションには興味が沸きますよね。タワーマンションもマンションによって、それぞれの魅力が異なります。ぜひご家庭のスタイルに合った住まい探しのためにも、いろいろな物件を検討してみてくださいね。

この記事をシェアする