浜松の不動産探しはネット検索と店舗のどちらを使うべき?

以前は物件情報を探す場合は、不動産店へ行き住宅情報を確認していましたが、近年ではネット検索が主流になりつつあります。誰でも簡単に利用出来るので多くのシェアを誇っていますが、実際に店舗へ行って話を聞くのと比べるとどちらにメリットがあるのでしょうか?ここでは双方のメリット・デメリットを公開し、比較しやすい様な情報を公開しています。浜松で物件探しをしている方は、ぜひ参考にして見て下さい。

不動産店舗を利用するメリット

不動産店では、自分の希望を伝えながら物件を選んでもらうので自分に合った物件を見つけてくれるのが特徴です。特に地域密着型の不動産店は、そのエリアに土地勘があるので近くでおすすめのスーパーなど、生活に役立つ情報も一緒に提供してくれます。また知識の深い担当者がしっかりと選んでくれるので、安心出来るというメンタル面でのプラスもあります。

それだけではありません。不動産店ではネットに載っていない情報を持っているので、掘り出し物物件に出会えるチャンスもあります。浜松はかなり広いエリアなので、ある程度住むエリアを決めた上で相談に入るのですが、店舗だと話もスムーズですし臨機応変に対応してくれます。物件に関して知識がない場合にも、すぐに質問が出来ますし、不明点を残さない状態で内覧へ行けるのもメリットではないでしょうか。

契約をした後も、不動産店との付き合いが終わるわけではありません。アフターサポートに力を入れているところが多いので、万が一のトラブルの際にもしっかりと対応してくれるので安心です。自分でネットを見てもイマイチ違いが分からない、またはどのような物件が良いのか分からないという方は不動産店へ相談するのが良いと言えます。

ちなみに不動産店から物件を選ぶデメリットは何でしょうか?ネットの様に膨大な情報がある訳ではないので、紹介出来る物件の数が限られている、またはネットよりも少ないという事が挙げられます。またエリアによっては偏りが見受けられるケースもありますので、必ずしも自分の住みたいと思ったエリアの物件の紹介が出来ない場合もあります。これらは事前に担当者へ確認するとよいでしょう。

ネット検索を利用するメリット

物件を探す場合、すぐに出来るのがネット検索による物件探しです。不動産店が公開しているサイトがほとんどで、頻繁に更新しているので常に新しい情報が掲載されています。また通信環境があればいつでもアクセス出来るのも大きなメリットです。実際に物件を見るために歩き回る必要もないですし、時間帯を気にする事もありません。且つエリア別に物件が公開されていますので、広い範囲で物件のチェックが出来ます。

またサイトによっては物件選びのコツや、賃料の相場、人気の設備といった契約をする際に確認しておきたいポイントがコラム形式で掲載されている事もありますし、条件の絞り込みが簡単に出来るので全ての物件を確認する必要もありません。もちろんそのまま内覧予約が出来るケースもありますので、スピーディーに対応したい方にもぴったりです。

反面ネット検索の場合、全ての物件が掲載される訳ではありません。掲載までに時間が掛かる場合もあります。その場合、担当者へ聞かない限りはそれらの情報を確認することは出来ません。また気軽に閲覧出来るので、その分ライバルも数多くいます。タイミングによっては担当者へ連絡を取っても、すでに契約済になってしまっている場合もあります。

実際に内覧へ行った訳ではないので、住宅全体の雰囲気や細部を確認出来ない点もデメリットになります。何枚も写真を掲載して確認出来る様にはなっていますが、それは担当者が見せたい部分であって、自分の確認したい場所が写真として掲載されているかは確実ではありません。実際の雰囲気などは写真で掴めないこともあり、内覧に行って「思ったのと違う。」と感じる事も出てきてしまいます。

メリットとデメリットを把握して使い分けることが大事

全てのサービスにはメリット・デメリットがあります。良い部分だけを見るのではなく、デメリットや気をつけなければならないポイントにもしっかりと目を通し、納得した上で契約を行いましょう。

ちなみに不動産店に直接行く際は、担当者のスケジュールもありますので余裕をもって訪問しましょう。物件探しは5~10分で終わるものではありませんし、実際に契約して気に入らなくても、しばらくの間は住み続けなければなりません。ネット検索にも同じ事がいえます。不動産店を利用するのと違ってある程度の情報は公開されてはいるものの、自分自身で判断しなければなりません。

よく見落としてしまう初期費用や手数料はもちろんの事、間取りだけではなく面積など自分が後悔しない為にある程度の知識を身につけた上で確認するとベストです。これらのメリットを合わせて使い分けたり、合わせたりして使う事もよい方法です。ネット検索で見つけた物件に関して不動産店へ行き話を聞く、または不動産店から紹介してもらった物件をネット検索し事実確認をするといった具合にです。

ライフスタイルやアナタが重要視している条件によって使い分ける事でよりよい物件を見つけられるのではないでしょうか。ちなみにこれらの手法を使っている際にも注意が必要です。質の悪い企業の場合、条件に合わない物件や設定した賃料よりも高めの物件を提示する、またはせっかくネット検索で良さそうな物件を見つけて、アクセスするも情報をゆがめて掲載しているケースもあります。その為、複数の手法やサービスを使って比較し、問題なければ次のステップへ進んで下さい。決して安くはない出費ですのでしっかりとこだわりましょう。

まとめ

ネット検索、直接店舗へ行くなど物件探しをする方法は一つではありません。どちらもメリット・デメリットがありますので双方を比較し、自分に合った方法で物件選びをして頂ければと思います。とはいってもどちらの方法も使うにあたっては注意が必要ですし、場合によっては知識を持っていないとリスクを背負ってしまう事もあります。不明点を曖昧にしたり条件とかけ離れた物件を提示したりする、あるいは検索した条件と全く違う物件であった、レスポンスが著しく遅い場合は急いで決めず、保留にするのが無難です。

この記事をシェアする