浜松のワンルーム賃貸事情

一人暮らしともなれば、浜松市内の物件に求める条件は結構最初は贅沢になりがちです。しかし、賃貸のワンルームと割り切って探していく場合には、立地条件を除けばかなりの高確率で絞りこめるのではないでしょうか。ただ、広さや家賃の金額などクリアしなければいけない障害は多々ありますので、とにかく徹底して情報収集する事、口コミ、インターネットの情報を貧欲に収集することは必須になってくるかと思います。

一人暮らしの他にも?ワンルーム賃貸はどんな人にオススメ?

やはり傾向から見るとワンルームの間取りは単身者向きと言えるかもしれません。ワンルームのメリットとしてあげられるのは、妨げるものが少ないため家具のレイアウトが自由にできて、衣食住全てが手の届きやすい範囲に揃うコンパクトな間取りであるということが挙げられます。また、一番の大きいメリットはなんと言ってもその家賃の安さでしょう。家賃負担が少ないというのは独身の方には大きな味方となるはずです。

そして、比較的浜松市街の中心部に住める立地条件というのも大きな魅力ですね。日々の移動のしやすさが違ってきます。またワンルームはシンプルに暮らしたい方には大きい魅力があると思います。あまり身の回りをゴチャゴチャさせずに暮らしたい方は家具をたくさん買い込まないですし、必要最低限のもので身の回りを揃えると非常にスッキリします。

すると部屋は当然一つでOKですから、物件を探す場合も非常にスムースに事が運んでいくと思います。また、転勤が多く、長く居住しない単身者の方にもワンルームは良いですね。引越しの多い方は身の回りのものを少なくする必要が出てくるので、ワンルームは経費の上でも移動のうえでも便利な物件であるといえます。

さらに物件にもよりますが、2人暮らしまでなら住むことが可能でしょう。今は1フロアが広いお部屋も数多く出てきています。夫婦や恋人同士でもプライバシーが気にならない者同士なら、開放感のあるワンルームの構造は快適で楽しいものになるかも知れません。その代わり、フロアの広さは絶対的に必要になってくるので、物件選びには注意を払って必ず内見する事が必要になってきます。

浜松のワンルーム賃貸事情

浜松市の賃貸物件の情報を見てみるとワンルームの物件は意外と豊富で、低価格なものから少し贅沢な物件まで幅広くあります。ニーズに合わせて幅広い選択肢からぴったりの物件を探すことができます。特に人気の高い物件は、家賃が3~4万円台のもので30平米くらいのお部屋で、物件数も非常に多くあります。こういったものは単身者向けの物件になりますから、あまり2人暮らしには向きません。

家賃5~6万円台の物件になると、11帖以上の物件がどんどん出てきます。家賃は少しお高めですが、2人暮らしの方や夫婦の方などにはこれは非常に良い物件になってきます。オートロックや階数の高いもの、マンション仕様になっているものなども多いです。立地に関しては、やはり低価格帯の物件は中区に集中する傾向があるようで、交通機関のアクセスも良いことから需要が多いようです。

一方、広めの高価格帯の物件に関しては、比較的北区や南区などの沿線に集中しているようです。こうしてみると単身者の物件は交通機関の利便重視で、また2人暮らしや夫婦向けの場合は広めで浜松市の中心部から少し距離がある地域といった傾向になってくるようです。

そして浜松市の物件は家賃が2万円を切る物件も多く存在するのが特徴です。これは学生さん向けなのか、かなり抑えた家賃設定になっています。ただ、築年は古く、築29~40年代のものが非常に多いです。こういった物件はまず内見をしっかり行って部屋の状態を確認してから検討したほうが無難といえます。

自分に合ったワンルームを探すならまず情報収集から!

このように結構浜松市は幅広くワンルーム物件が存在するので物件選びは迷ってしまって絞り込むことが大変な場合もあるかもしれません。情報収集はしっかりと行い、自分の気に入った物件を見つけたいものです。そのためには徹底した情報収集が大事です。住宅専門誌や媒体で情報を絞り、そしてなんといってもインターネットの検索は非常に役に立ちます。検索するとおびただしい量の賃貸物件がヒットしますが、そこから更に条件を絞り込んで検索すると自分の条件に見合った物件が数多く出てきますから、かなり物件を絞り込むことが出来ます。インターネットを利用した検索は絞込みをする際には非常に便利に便利です。これを最大限活用して情報をしっかり調べ上げて、店舗へ出向くというのが物件探しではベターかと思います。

また、インターネットはかなり細かい情報も確認できます。例えば間取りの図解は勿論、リフォームの有無、築年数なども一目で確認ができます。そして、管理している不動産屋へのアクセスや住所、電話番号等も、事前に確認できるので、不安を抱かずに不動産屋に出向くことが出来ますね。情報数はなるべく多いほうが有利ですから、とにかく不動産屋へ行く前に徹底して情報を集めましょう。

情報をある程度集めたら、そこから条件に合わせた絞込みに入っていきます。その際効率を考えてエリアごとに区分けをして候補を挙げていくと良いと思います。そうしておけば一度に内見を行え、効率的に物件を回ることが可能です。物件探しに内見は必須ですので、とにかく物件を実際に見て候補を更に絞っていきます。その際ですが、初見での即決は避けたほうが無難です。一度持ち帰り、再訪を約束して一考する猶予を設けましょう。一呼吸おいて候補を見直すと、初見では分からなかったことも見えてくると思います。

まとめ

まとめてみると浜松市には賃貸ワンルーム物件が多くあることがわかり、物件数が多いゆえに絞込みが難しいようです。そこで重要になるのはやはり情報収集だと思います。そのためには住宅専門誌とインターネット検索が大きく活躍するようです。特にインターネットは実に数多くの物件を見つけることが出来るので、条件を絞り込むには最大の武器になるかと思います。とにかく情報をしっかりと集めて候補をしっかりと選定してから不動産屋へ赴き、しっかりと内見を行って物件を見つけましょう。

この記事をシェアする