新築戸建てと中古戸建て選ぶならどっち?

子どもの頃から、自分のマイホームに憧れていたという方もいるかもしれません。また、マンションで育った方などは、いつかは庭のある一戸建てに住んでみたいといったささやかな夢がある方もいるのではないでしょうか?家の購入を考えた際に、まず一番の壁ともなるのが、新築物件にするか、中古物件にするか、という点ですよね。どちらにもメリットとデメリットがありますので、しっかりとポイントをおさえ、満足のいく家選びができるようにしましょう。

新築戸建てのメリット・デメリット

まずは、新築で一戸建てを購入する場合のメリットとデメリットについて考えたいと思います。新築とは言っても、建売住宅と注文住宅がありますよね。どちらが良いかは一概には言えませんが、それぞれに魅力があるのも事実です。建売住宅の場合は、購入手続きが比較的ラクに済ませられたり、すぐに入居が可能だったりと言った利点もあります。

対し、注文住宅の場合は、すぐに引越しというわけにはいかず、プラン設計なども大切になるでしょう。また、注文住宅では、自分の思うような家をつくれるという利点もありますが、逆に言うと、生活動線などへの配慮が足りなく、間取りを失敗してしまうといったリスクや、日当たりまで考慮していなかったためにイメージと異なる住まいに仕上がってしまうリスクなども考えられますよね。

この点に置いて、建売住宅の場合は、時代に沿った標準的な間取りや最新設備を持っていることが多いですし、きちんと専門家目線によって仕上げられているので、リスクはありません。個性という意味では、注文住宅の方が魅力的に思えますが、住宅の仕上がり具合によっては、デメリットともなってしまう点もぜひ考慮しておきたいですよね。

建売住宅でも注文住宅でも、新築物件を購入することのメリットは、やはり、資産価値として住まいを持てることと、賃貸ではないような自由度の高い住まいを持てること、家族構成によってフレキシブルに将来を考えていけること、そして税制の優遇などがあげられるのではないでしょうか。また、デメリットとしては、設備の維持やメンテナンスに手間や費用がかかるという点や、中古物件と比べるとコスト高となってしまう点などがあげられるかと思います。

中古戸建てのメリット・デメリット

では、中古で物件を買おうとした場合、外せないのがそのメリットとデメリットについてです。中古物件はデメリットばかりと思われている方が多い印象を受けますが、立地や築年数などの条件次第では、とても競争率の高い物件になり得ますし、比較的安い価格でありながら、機能性に富んだデザイン性の高い物件をゲットするチャンスもあります。

また、すでに最近ではリフォーム済みの物件も多いので、非常にコストパフォーマンスの高い家の購入ができる可能性があります。新築物件ではとても手が届かないような人気の住宅地の中でも、中古物件では価格をぐっとおさえることができますし、場所によっては約50%ほどの価格で購入が可能なこともあります。また、そのような場合は、条件の整った周辺環境であることが多いので、暮らしやすさの面でもとてもうれしいですよね。

そして、最近注目のリノベーションやリフォームをかしこく取り入れることで、比較的リーズナブルに、個性豊かな理想の住まいを手に入れることが可能です。よく行われるのは、水回りのリフォームですが、夏や冬の過ごしやすさを考慮した断熱材に変える住まいの性能向上のための工事や、大胆に間取りを変える大規模のリノベーションなど、住み心地に着目したリフォームも増えてきているようです。

また、状態の良い古民家風の家や木造部分のある中古住宅などでは、情緒のある庭や使いこまれた木のぬくもりなどがあるでしょう。デメリットとしては、やはり、建てられてから長い年月がたった物件は設備の老朽化が進んでいることも多く、安心して住むためには設備や家屋の修繕費用がかかる点などがあげられるのではないでしょうか。また、耐震についても、耐震補強工事などが必要になる可能性もあります。

結局選ぶならどっち?

それぞれにメリットとデメリットがあることがわかりましたが、結局、新築か中古か、どちらの物件を選ぶべきなのでしょうか?価格面だけで見た場合でも、長い目で見ると大きく変わらなくなりますし、家の価値は価格だけでははかることができません。とくに、小さなお子さんが複数いらっしゃるような家庭では、中古住宅を購入し、必要に応じて最低限のリフォームをし、子育てが落ち着いた頃に、あらためて本格的なリノベーションをするというような計画も、とても理がかなっていると思いますし、中古住宅だからこその自由度もあるかと思います。

しかし、あらかじめすべてが揃っている新築住宅で、家族全員が自由に安心に暮らしていくというのも素敵なことに変わりはありません。ひとりひとりの住まいに対する価値観や好み、また、どういったポイントを重視するかなどにもよるかとは思いますが、最終的には、どちらにも甲乙つけがたいですよね。ただ一つ言えることは、住まいというものは自分たちでつくっていくものだということです。

もちろん、新築であれ中古であれ、はじめは他所から購入してくるものということには変わりはありませんが、家は日々の暮らしや、家族と暮らす時間で、徐々に形作られていくものですよね。そして、ライフスタイルの変化や家族構成の変化など、人生にはいろいろな変化がつきものです。自分と家族が憩える空間である住まいそのものが持つ価値を大切に、ぜひ、家族のみなさんすべてが納得のいく家づくりをしていただければと思います。

まとめ

新築物件にも中古物件にも、それぞれのかけがえのない魅力があることをおわかりいただけたでしょうか?現在の日本では、高齢化社会などの影響などにもより、価値ある空き家が増え続けていると言われています。実際、住んで数年で家を手放す方も多いようですし、若い世代を中心に、リノベーションも盛んに行われるようになってきましたよね。限りある資源や個性のある住宅を無駄にしないためにも、新築住宅だけにこだわらず、ぜひ、フレキシブルに家探しをしてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする