地震に強い住宅にするためには?

地震大国とも言える日本。毎日、全国のどこかで必ず1回は起きていると言っても過言ではないほど、多くの地震が起きています。メカニズムの解明とともに、年々耐震基準も厳しくなってきており、耐震や備えにおいては、世界的に見てもすすんでいる日本。家族の安心・安全な生活のためには、より地震に強い住まいであってほしいですよね。そのためにポイントとなることとしては、どのような点があるのか、くわしく見てみましょう。

浜松は東海地震のリスクがある

広範囲で甚大な被害をもたらせた東日本大震災から、約7年が経過しました。その後、熊本、鳥取、最近では大阪などでも大きな震災があり、現在は、日本に住んでいる以上は地域に関係なく、災害に対する策を取る必要があるという認識が全国に広まったかと思います。

建築基準法で定められている耐震基準も、それぞれ時代を代表する震災の被害、そしてその被害から学んだことに基づき、1971年、1981年、最近では、2000年に改正されました。とくに、東日本大震災の後からリスクが叫ばれているものには、現在は、南海トラフ地震と表現されることが多くなった東海地震があげられます。

震源は、駿河湾から日向灘沖へ広がるプレート境界とされているため、静岡県も例にもれず、西日本を中心とした広い範囲での被害が心配されています。現在、南海トラフ地震はいつ起きてもおかしくない状況と言われており、静岡県の中でも、とくに太平洋に面している浜松市、御前崎市、静岡市などは、震度7程度が起こる可能性に加え、深刻な津波被害が起こる可能性があることが指摘され、警戒されています。

震災による被害をできるだけおさえるためにも、家族の安全のためにも、しっかりと耐震基準を備えた強度のある住まいであることが必要とされます。日本に住んでいる以上は、災害リスクを考慮しての家づくりをすることは避けられません。着実に進歩している建築技術などを有効に活用し、より安全な家づくりができるよう気をつけたいですよね。

また、浸水被害や津波被害を避けるためには、できるだけ高台や地盤の強い場所を選ぶようにするなど、家づくりの根本とも言える土地選びも重要になってきます。

まずは土地選びに注意しよう

震災の危険とともに甚大な津波被害の可能性が起こり得ることが指摘されている浜松市などの、太平洋沿岸エリアでは、家づくりの際にもっとも重要なポイントともなるのが、その土地選びでしょう。地盤が弱いとされる土地には、埋立地のほか、もともとは田んぼなどの農地として使われていた土地、州や浜だった土地など、いろいろなものがあげられます。こういった土地は、古地図や歴史文献、地名などからもある程度読み取ることができますので、ぜひ一度、確認してみることをおすすめします。

また、台風や大雨などで浸水しやすい地域というのも存在します。今年の夏に起きたばかりの西日本豪雨でも問題になっていましたが、大きな河川や溜池の近く、また、土地の高低差などの条件によっても、洪水浸水想定区域というのは変わってきます。浜松市ではそれぞれ、津波浸水深マップ、洪水ハザードマップをオンラインで公開しています。あまり土地勘がないような方の場合は、とくに重要な情報源となりますので、ぜひ土地選びの参考にしてみてください。

しかし、土地選びがいくら重要とは言っても、誰もがみな、地盤の強いところに家を建てられるわけではありませんよね。日本全国を見てみても、都市部の住宅地で、そこまで地盤が強い土地は少ないですし、もともと島国ということもあり、地盤は緩い場所が多いのが日本の現状です。

そこで、土地選びと同じように大切になるのが、地盤改良工事と言われる基礎工事などをきちんと行うこと。実際に、震災時に液状化を経験した千葉県のエリアでも、この基礎工事をしっかり行っていたかどうかで、被害の出方が分かれました。災害には、やはり前もっての備えが大切なんですね。

地震に強い住宅の条件とは

では、地震に強いとされる住宅には、どのような条件が必要なのでしょうか?まず、ポイントとなるのは、住宅そのものの形です。1階部分に吹き抜けがあったり、2階部分が1階部分よりも大きかったりという複雑な形状をした家よりも、シンプルな立方体や直方体に近い形状の家の方が、揺れには強くなります。これは、揺れを受けて、建物のある一部分のみに大きなストレスがかかるような形状よりも、バランスの取れた形状の方が余計な負荷が少なくて済むという力学的な観点からも理解しやすいのではないでしょうか。

強い住宅の条件として注目したいのは、住まいの構造です。まずは、建物を支える役目を持っている基礎です。基礎部分の素材や工法が建物の強度を作り出す上でとても重要となりますし、耐震性を大きく関わりを持つと言われています。そのほか、建物上屋の構造、安定して強度の高いと言われる水平構造、横からの衝撃に備える耐力壁など自然災害の論理にかなった構造であることが必要となります。

また、建物だけではなく、建物と屋根のバランスも大切になります。例えば、瓦の屋根は地震に弱いというイメージもあるかもしれません。しかし、建物の耐震性がしっかりとあり、きちんとした施行がなされている場合には、大きな地震でも問題がないという耐震シミュレーション結果もあります。つまり、強度のある住まいで大切なのは、どこか一部分に強度があればよいと言うものではなく、全体的なバランス、そして、ひとつひとつのチェックポイントを着実にクリアした「真面目」な住宅が、自然災害に強い住まいと言えるでしょう。

まとめ

地震が多い地域のひとつとしても取りあげられることの多い静岡県ですが、災害に強い家は、誰もがつくることができます。住まいの基盤となる基礎、建物の構造など、ひとつひとつのポイントをおさえることで、ぐっと耐震性もアップします。家族みんなが安心して、長く暮らしていける住まいのためにも、しっかりとした耐震構造を持った家づくりを目指したいですね。

この記事をシェアする