失敗しない土地選びのコツは?

憧れのマイホームのため、そして家族と自分のためにも、家づくりでは、建物を設計するのと同じくらい、土地選びが重要とされます。理想とする大きさ、住みたい地域、価格など、さまざまな条件もあるかとは思いますが、よいタイミングで、しかも、自分が納得のいく土地を見つけるのは、なかなか難しいことですよね。しかし、何事も焦りは禁物。まずは、ポイントとなるコツを知り、かしこく土地を選べるようにしましょう。

選定した土地の規制状況を調べる

土地利用規制という言葉をご存知でしょうか?すでに本格的に家づくりを考えている方は、すでにご存知のことと思いますが、まだなんとなくのイメージで家づくりを考えている方は、はじめて耳にする方もいるかもしれません。日本の土地の利用には用途を制限する規制があり、都市計画法に基づいて、都市計画区域内の土地については、ある程度の用途が定められています。

この用途地域について知ることは、家づくりをはじめる上でとても重要なことですし、まわりの住環境が今後どんなものになるかをはかる上でも非常に大切になります。そのため、まずは、用途地域について、不動産会社などにきちんと確認してみることをおすすめします。規制された地域によっては、建物の大きさ、高さ、形状などに制限がされていることもあるので、せっかく気に入った土地を見つけても、自分の思うような家づくりができなくなってしまう可能性も大いにあります。後から知って後悔することのないよう、しっかりと事前に情報を入手するようにしましょう。

また、規制状況のほかにも、土地選びにおいて、考慮しておきたいポイントがいくつかあります。まだ記憶に新しい東日本大震災ですが、千葉県の湾岸部や埼玉県の内陸部などでも、液状化現象といった被害を受けた地域が多かったのを記憶している方も多いかと思います。こういった液状化の被害を回避するためにも地盤はとても大切となり、地盤の強さは、地震が起きた際の揺れやすさにも関係してくることが科学的にも証明されています。

ほかには、大雨や台風などで浸水しやすい地域も存在しますので、合わせて考慮する必要があります。また、過去に工場があった地域や埋立地の場合では、土壌が住宅地とするのに適した安全なものかなどということも、できるだけしっかりとチェックしたいポイントです。このように、災害や環境の観点から見た選び方も重要となりますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分にとって暮らしやすいエリアを選ぶ

そして、家づくりでやはり重要となるのが、該当のエリア全体を見極めることです。家族の拠点となる住まいですから、当然、毎日の生活に必要な環境を含め、通勤や通学などを見越した、家族みんなのためを考えたエリア選びが大切になります。最寄り駅へのアクセスはもちろん、公共施設や医療機関との位置関係、日々の買い物における利便性など、しっかりと必要なものを見極めた上で、どこまで妥協ができるか、どの程度の距離なら、みんながストレスなく暮らせるか、といった考え方も大切になります。

また、職業やライフスタイルにもよりますが、夜勤や残業など、どうしても不規則な時間帯に帰宅することの多いような方がいる家庭では、営業時間が長いスーパーマーケットが身近にあることやコンビニエンスストアなど便利な店舗が近くにあるか、といった点もポイントになるかと思います。そのほか、古くから存在する住宅街、かつての新興住宅地、再開発が進むエリア、新築一戸建てが増えている住宅地などでは、それぞれに街の雰囲気も違いますし、地域によっては、そこに住む人々の年齢層まで著しく異なる場合もあります。

暮らしやすさ、という意味では、高齢化が顕著な地域よりも、あらゆる世代がバランスよく住んでいるような地域の方が活気もありますし、将来を考えた上でも安心だったりといった面があるかと思います。また、まだまだ拓けていない地域では、今後どのように街が変わっていくかによって、住環境が大きく左右されてしまう可能性もあります。

新しい道路の建設や線路の建設などが行われる可能性もありますし、現在の暮らしやすさだけではなく、少し先の未来を見据えた暮らしやすさを総合的に判断することも、時には大切になるでしょう。

実際に何回か現地に行ってみる

しっかりと希望のポイントをクリアした土地が見つかった場合、やはり、実際に現地に向かい、土地だけではなく、まわりを含めたエリア全体を見てみることをおすすめします。とくに、希望のエリアをしぼって探しているような場合は、現地に行かなければわからないようなこともあるかと思いますし、データや数字で見るだけでは、どうしてもイメージはつきにくいものです。また、地域の環境や個性などは見なければわからないものでもあります。そして、天気の良い日と雨の日ではまったく別の印象を受ける可能性もありますので、見学に行く日の天候もある程度考慮が必要です。

よくある残念な例としては、見学に行くまでは大きさも立地条件も理想そのものだと思っていたのに、実際に見に行ってみたら、家を建てるなんて想像もできないような形状をしていた、意外と住宅が密集していて、近所の雰囲気があまり好きにはなれなかった、高齢者が多く住んでいる地域で空き家が多く見られ、将来性が感じられなかった、などがあげられます。

そのほか、気をつけていただきたいのは、見学に訪れる際は、1人でふらっと見に行くのではなく、お友達やご家族と一緒に見に行くということです。一番最初の段階で様子を見るだけの場合は、1人で現地に行くのも大丈夫かとは思いますが、ある程度本決まりになってきた段階では、ぜひ、いろいろな方の客観的な意見や率直な印象に耳を傾けてみることをおすすめします。自分だけでは、見落としてしまうようなポイントもありますし、別の視点から見ることで、何か新しい発見があるかもしれません。

まとめ

家は長く使うことを目的として建てられます。そして、建てる以上は、心から納得できる場所に建てたいですよね。将来を過ごすことになる家だからこそ、できるだけ理想に近く、家族みんなが笑顔でいられる家づくりを目指したいですよね。家づくりの第一歩とも言える、重要な土地選び。ぜひ、失敗のないよう、きちんとポイントをおさえ、満足のいく土地を選んでいただければと思います。

この記事をシェアする